消費者金融の借り入れが与える影響とは?

消費者金融の借り入れが与える影響とは?

実は、消費者金融での借入があると、クレジットカードの審査が不利になると言われています。どうしてクレジットカードの審査に借りやすい消費者金融の借入が影響をあたえるのでしょうか?
そもそもクレジットカードを作る際には、審査を受けなければいけません。クレジットカードにより審査内容は若干異なりますが、安定した収入があるか、勤務年数、過去の金融自己の有無などを確認されます。その際、信用情報も確認されます。これには、申込者の借入や返済、滞納などがすべてが記録されています。つまり、お金をいくら借りてきちんと返済をしているかその人の返済能力や信頼性などを確認しているのです。その際、消費者金融から借り入れをしたことがある場合、お金に困っている人と判断されてしまい、審査が通らない場合があります。借り入れをしたから確実にクレジットカードの審査に落ちるとは言い切れませんが、審査が不利になることは確かと言えます。
また、もし複数の消費者金融から借り入れをしているなら、お金に困っているだけでなく、計画性のない生活をしていると判断されてしまいます。そのため、複数の消費者金融から借り入れをしているなら、クレジットカードの審査を通ることは難しと考えられます。
しかし、消費者金融から借り入れをしていた方でも、借金を完済して5年経過するなら、クレジットカードの審査を受けることができるので安心することができます。その際、完済したら消費者金融との契約を解除するなら、審査に通りやすくなります。