広島にもあるモビット、極度借入基本契約とは

広島にもモビットのローン申込機があります。
市内だけでも2店舗あり、全国展開をしていることがお分かりになるでしょう。
そのモビットの貸し付け条件を見てみると極度借入基本契約という契約形態になっています。
いったい何のことでしょうか。

一般的にカードローンと呼ばれている借り入れはこの極度借入基本契約になります。
お金を借りるときには金銭賃借の契約をしますが、5万円借り入れたいときには5万円の金銭賃借契約をする、それが普通のことです。
5万円を貸してもらいたいときに10万円を貸そうということはないでしょう。
ところが、極度借入基本契約というのはそれがあります。
借入希望金額とは別に、その個人に貸付可能な金額としてモビット増額限度額が審査で決定します。
5万円を希望しても20万円の融資限度額が決定することもあるということです。

決められた融資限度額の範囲では自由に借り入れをすることができますが、それに伴って返済があることは忘れてはいけません。
借り入れをした分だけ返済があります。
融資限度額も満額まで借り入れをしてしまえばそれ以上を借り入れることができませんが、融資限度額を増枠するという方法もあります。
自由に借りてもよい範囲が決められる、それが極度借入基本契約です。

自由の言葉をはき違え、借入が頻繁になれば多重債務の恐れがあります。
便利だからこそ、返済の計画だけではなくしっかりと借り入れに対するルールも考えて利用を進めていきましょう。